フォト
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 【妄想するべ】無条件バトン | トップページ | 【CD聴くベ】東京キューバンボーイズ「Latin Operation」 »

2006/05/24

【CD聴くベ】ROCKY CHACK「リトルグッバイ」

ROCKY CHACK「リトルグッバイ」(Victor Entertainment)

KDMにとってアニソンとは2種類しかない。菅野よう子以前か菅野よう子以後か。みたいな。

連休中に、たまたまテレビをつけたときに観た夕方のテレビ東京系アニメのエンディングが耳にこびりついてしまったので、こういう状態を脱却するにはCD買って飽きるまで聴くしかないのです!
(逆に、好きで好きで堪らない状態を維持したい場合は、滅多に聴かないで、飽きないようにするw)

ROCKY CHACKについては、いろいろ調べてみたところ、KDMの音楽遍歴にヒットする感触ではなかったんですが、今回は表題曲のアレンジャー保刈久明氏が菅野よう子女史とリンクしていたので、遠回りにKDMのアンテナに引っ掛かったみたいです。というか、今回はアレンジが好き過ぎたので買ったようなもんです。

機械っぽさ満点でしかも軽い四つ打ちリズム。弦楽セクション。コーラスが凝っていて重くない。たまに電子音をふりかけてポワポワゆってる。好きだ、馬鹿野郎。


優れたアニソンというのは、どっかで聴いたことありまくる(=パクリである)と同時に、それがどこだったかなかなか特定出来ない(=パクリであることが曖昧である、または分裂している)感じ、が重要。例えばパクリ元が明白だと間抜けなヲタクどもが間抜けに騒ぎ出すわけです。って、その辺がキモイ。

その意味で、この曲は相当イイ線いってます。素晴らしいです。(パクリ元ばっちり特定できた人、ご一報下さい。そのときはそんなあなたのために1分間祈ります。平和を。)
ロックばっか聴いてないで、これでも聴きんさい。茶でも飲んでいきんさい。餅でも食うていきんさい。という感じです。

ちなみに、たまたま観たアニメというのは、「ゼーガペイン」です。

夕方18時からという田舎の小中学生にとってのコアタイム(笑)に、「人類はなんとかっちゅう敵に絶滅させられて、量子コンピュータに記録された人間の記憶だけが生きている世界」という素晴らしい内容。最高。
まあ、アニメなんて最後はどうなるかわかったもんじゃないが、少なくともこの設定だけで「マトリクス」は確実に越えてると思います。

ジャケットのせせせせせせ接吻少女は何かモニターのような画面の向こう側に居ます。同時発売の新居昭乃さんの「キミヘ ムカウ ヒカリ」の裏ジャケットと一続きになっていて、そちらではより現実感のある画像の主人公が物憂げにせせせせせせ接吻少女を見つめているという図柄です。

« 【妄想するべ】無条件バトン | トップページ | 【CD聴くベ】東京キューバンボーイズ「Latin Operation」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【CD聴くベ】ROCKY CHACK「リトルグッバイ」:

« 【妄想するべ】無条件バトン | トップページ | 【CD聴くベ】東京キューバンボーイズ「Latin Operation」 »